2018-01-15 α7IIを手放しα6500に。オールドレンズで井の頭公園散歩

あけましておめでとうございます。って書こうとしたらもう15日。やばいですね。冬コミではたくさんの人に来ていただいてありがとうございました。新刊の『飛びこめ!!沼 03』と『FGOの北上さん 01』は通販やってます。ぜひ。

COMIC ZIN

恵文社

で、タイトルにある通り、突発的にα7IIを手放し、α6500を買ってみました。僕のメインはsd Quattro Hで、サブカメラとしてはできるだけ軽く小さく、sd Quattro Hの苦手な暗所、動体に強くてAFの速いカメラを、という事でAFや連写の効くα6500のほうが自分向きなのではないか、と思ったからです。使ってみると、うちにはEマウントのレンズがほとんどなく、SAマウントのレンズをMC-11経由でα7IIにつけて使っていたので、MC-11経由だとα7IIとそんなにAF速度や食いつきが変わらない気がして、ちょっとがっかりでした。でも、まだちょっといじっただけなので僕が使いこなせていないだけかもしれません。
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 017 などはα6500の方が迷いなくすっとピントが合うので、AFの速いレンズを調べて試してみます。

……と言いつつ、M42マウントの古いレンズで散歩です。M42マウントレンズはsd Quattro Hにもつけられるので、sd Quattro Hとα6500をリュックに入れて出かけてみました。今までα7IIをsd Quattro Hのサブ、と言いつつ、重くて二台持ち歩くことはほとんどなかったので、こういう使い方ができるのはいいですね。まあ、150gの違いなのですが。
とりあえずsd Quattro HにMIR-1B 37nn F2.8というレンズをつけて井の頭公園を散歩。

Untitled

SDQH2204lr
sd Quattro HにMIR-1B 37nn F2.8。古いレンズは逆光に弱いですね。

SDQH2210lr
周辺が緑っぽくなるのはFOVEONセンサーに専用ではないレンズをつけた時に起きる現象です。SD1はもっと強かったのですがsd Quattroになってそれほど目立たなくなりました。

SDQH2213lr
MIR-1B 37mm F2.8、解放で。ボケは少しモサモサしてる、かな?

SDQH2214lr
少し絞ったところ。カメラの液晶では、解放だともっとハイライト部分がボワっとしていたのですが、現像してみるとそうでもないですね。

SDQH2217lr

SDQH2219lr
レンズが古いと景色も古く感じますね。

SDQH2220lr
かいぼり中のひょうたん池。青い網の部分、原寸でぜひ。ポケットに入るくらい小さな古いレンズで、このくらい映ったら立派なものかなと思います。

SDQH2227lr

SDQH2235lr
エチゼンスイセン。緑のくすみ方なんかが、やはり今のレンズとは違う気がします。

ここでレンズとカメラをチェンジ。α6500とHELIOS 44-2 58mm F2というレンズ。

Untitled

DSC04122lr
α6500 HELIOS 44-2 58mm F2。44-2という型番のせいでつい44mm F2のレンズかと思ってしまいますが58mm F2です。

DSC04128lr
ヘリコイド付きのマウントアダプターなので、ここまで寄れます。

DSC04132lr
マクロ専用のレンズみたいですね。

DSC04135lr

DSC04140lr

DSC04149lr

DSC04155lr
現像でハイライトを抑えて、白く飛んだ空を青くしています。彩度を上げているわけではないですが、こういう感じになります。

DSC04158lr
解放だとこんな感じ。ハイライトが少しボワっとします。

DSC04159lr
少し絞ったところ。キリッとしますね。

DSC04163lr

DSC04167lr
かいぼり中で水を抜いているので橋脚がこんなに見えています。

DSC04169lr

P1000961lr
これはLUMIX TX-1。望遠250mmでアオサギを。

DSC04174lr
カラス。近づいても逃げないので、α6500 HELIOS 58mm F2でどこまで寄れるか挑戦。

DSC04175lr
鳴いてます。

DSC04179lr

DSC04197lr
さらににじり寄る。

DSC04212lr

DSC04237lr

DSC04241lr
HELIOSと言えばぐるぐるしたボケが特徴らしいのですが、なかなかそういう写真にならなくて、やっと撮れた一枚。

最後にHELIOS 44-2 58mm F2をsd Quattro Hにつけて公園をもう半周。

SDQH2237lr
sd Quattro HのM42マウントアダプターにはヘリコイドはないので、これが寄れる限界。

sd Quattro HはAPS-H、α6500はAPS-Cなので、58mmのHELIOSはsd Quattro Hだと75.4mm、α6500だと87mmになります。

SDQH2241lr
同じ位置からではないですが、井の頭弁財天。

SDQH2244lr
sd Quattro Hでも、RAW現像でハイライトを抑えて白飛びした空を回復させるとこんな感じ。

SDQH2248lr
特に面白い写真ではないですが(どれもそうか……とほほ)、かいぼり中しか見られない光景。sd Quattro Hの方が周辺に緑がかぶるので、レトロな雰囲気になりますね。モノクロ現像も面白そうだなあ。

……とまあ、こんな感じです。とりとめなくてすみません。今年もよろしくお願いいたします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中