2017-07-07 ダメと言われる事で正しくなる表現について

少年ジャンプの巻頭のエロ表現がいいか悪いかで議論が起きているようです。

似たような問題は昔から繰り返しあり、過去に僕はこんな記事を書きました。
記事の中で、僕は『自分がもしいつか子供の親になったとき〜』と書きましたが、現在僕は二人の娘の父親です。そして基本的な考えは当時と変わっていません。

僕は、表現というのは、それ単体で単純に善悪がはかれるものではないと思っています。
暴力的な表現を見たら暴力的になってしまうとか、子供でも人間はそんなに単純ではないです。

人がある表現からどのような影響を受けるか、何を学ぶかは、人がその表現にどのような形で接するのか、その表現が社会の中でどのような文脈に置かれているのかによって変わるものです。
例えば、歩きながら本を読む二宮金次郎の姿は、ある時代には勤勉の見本、という文脈に置かれ、その振る舞いを見習え、と教えられましたが、現在は歩きスマホを誘発する危険な行為で、やってはいけない事、という文脈に置かれて、銅像が撤去されたりしています。

タマゴ( •~•)こと、うちの長女が幼稚園に通い出して、ほどなく『うんち』とか、まあ色々と下品な言葉を覚えて帰ってきました。漫画はまだ読みませんが、テレビで見た事などもすぐに真似て、クレヨンしんちゃんを最初に見せた時は、やはり大喜びでお尻を出したがったりしました(すぐドラえもんに興味が移ってくれてよかった)。幼稚園にタマゴ( •~•)を迎えに行くと「うんちうんちおしっこパパ!」などと叫びます。それが他の子に伝播して、今では他の園児からも「あ、うんちくんだ!」などと呼ばれます。困ったものです。

などど書くと『やっぱり子供は表現からすぐ影響を受けるじゃないか!』と考えてしまう人もいると思うのですが、子供はちゃんと『うんち』という言葉に対して周囲の大人がどういう態度をとるかを観察して、うんちという言葉と、その言葉がどのような文脈に置かれているかをセットで学習しているのです。
うちの娘が『うんちうんちおしっこパパ!』と叫ぶのは『構って欲しいのにパパが構ってくれない、困らせてやれ!』などと思っている時で、周りの園児が僕に『うんちくん』と言ってくるのは、僕がすぐ怒るタイプのおじさんか、いじっていいタイプかを見極めようとしているからです。ちゃんと『うんちは下品な言葉で大人は使っちゃいけないって言ってる』という事は分かっていて、分かった上で上手に使いこなしているのです。
ちなみに、僕はうんちくん呼ばわりに対して「ダメだよ〜」くらいの弱腰な受け答えをしたら完全にナメられてしまいました。もっと毅然とした態度で立ち向かうべきだったか……。

でも、もし下品な言葉を完全に禁止して無菌室のようにしてしまったら、子供は『うんちは下品で大人が使っちゃいけないって言ってる言葉』という事自体を学ぶ機会を失いますよね。

なので、ジャンプに子供に見せていいか迷うような表現があった時『こんな表現ケシカラン!』と怒る事自体は、僕はいい事だと思います。僕の子供達がジャンプを読む年齢になって、お色気表現とか、ちょっと女性を軽んじているように見える表現とか、過激な暴力表現とかがあったら、僕もその過激さに合わせて適度に『ケシカラン!』と言うつもりでいます。そうする事で、子供はそれらの表現が自分が暮らす社会の中でどのような文脈に置かれているものなのかを学べるでしょう。そして僕は表面上は怒って見せながら、そういう表現が存在できる社会に感謝します。

良いものを良い、と教えるのと同じくらい悪いものを悪い、と教える事は大事です。悪いものは現実には無いに越した事はないので、実在しない架空の表現によって、悪いものを悪い、と教えられるのはとてもありがたい事です。

長々と書いてしまいましたが、今回の少年ジャンプのお色気表現に批判的な方々に言いたいのは、そう言った批判の空気とセットになって初めてこういう表現が子供にとって有益な学びの機会になるので、批判はいい事だけど、規制しろと言いだしたらそれは間違いですよ、という事です。
逆に、容認派の人たちに言いたいのは、批判の声があって初めてあるべき文脈に置かれて許される表現なので、批判の声に感謝するべきで、表現の自由を盾に批判の声を封じてしまったら、それもまた間違いですよ、という事です。

仲よくけんかしましょう。

こういう『間違ってると言われるならば正しい。だが正しいと思った瞬間間違いになってしまう』という概念にわかりやすい名前をつけて、表現の自由を盾に押し切るのではなく、この概念を拠り所にして、こういう表現が怒られながら存在できる社会を維持してゆけるといいのですが。

2017-07-09追記 『規制すべきでない』の規制は、『表現ができなくなるような規制はするべきではない』と言う意味です。