2018-06-26 ハグロトンボの群れに出会う。カミソリマクロで色々撮ってブレさせない事が大事だと再確認

こんにちは、 赤子抱えてカメラ片手に公園徘徊おじさんです。最近は歳のせいか、子供と一緒に夜9時過ぎに寝るせいか、タマゴ( •~•)の寝相が悪すぎて蹴られるせいか午前3〜5時に目が覚めてしまって、二度寝に失敗した時は明け方の井の頭公園を徘徊しています。

この日も午前6時頃に井の頭公園につき、公園をウロウロ歩きました。早朝の公園は超健康な老人たちでいっぱいです。

最近は井の頭公園歩きすぎて、三鷹台まで歩いたりもします。神田川(なんと今地図を見てこの川が神田川だと知りました)沿いを歩いて三鷹台の方に向かいました。

SDQH9623lr

SDQH9627lr
このハトの鳴き声が橋の下の空間に反響してものすごく響いていて何事かと思った。

SDQH9634spp
道端のオシロイバナ。わずかにピントがずれて雄しべの花粉にピントが合っていない。手前の雄しべのくるっとしたところに合ってしまっていて、ここはMFにするかAFで合焦してから少し体を動かして合わせればよかった。でも撮ってるときは分からないんですよね。

SDQH9636lr
川沿いを歩いていて、何となく気になった小道。何か気配のようなものを感じて歩み入ると……

SDQH9641lr
羽の黒いトンボがフラフラと飛んで来て目の前の草に止まりました。慌ててシャッターを切る。

SDQH9648lr
ハグロトンボというトンボです。井の頭公園の池でも何度か見かけたことがあります。でも、この小道だけ、なぜかものすごい数のハグロトンボが飛び交っていました。

SDQH9649lr

SDQH9651lr
どのトンボもなぜか僕に対して体を横に向けて止まるので、同じような写真ですみません。そろそろと近づくのですが、ある距離まで近づくとふわっと飛び去ってしまいます。

SDQH9653lr

SDQH9656lr
最後に一匹だけ、羽を開くところが取れました。

SDQH9657lr

SDQH9658lr

この小道はハグロトンボだけでなく、蚊もものすごい数発生していて、トンボを撮ろうと体の動きを止めると蚊に群がられるので、退散。もう少し粘りたかった……。

ハグロトンボも、後で見返したら手ブレ写真を量産してしまっていて、かろうじて見られるのはこのくらいでした。本当にピタッとピントが合っている写真はほとんどなく、どれもわずかにブレてしまっていて、ISO100に固執せずに、少し感度を上げてシャッタースピードを上げて撮るべきだったと反省しました。絞りもF2.8だと被写界深度が薄くて、合焦してからシャッターを切るまでのわずかな時間での体の前後の動きでピントが外れてしまったりして、なかなか難しいです。

SDQH9659lr
アジサイの季節ももう終わりですね。あっという間だったなあ。

SDQH9667lr
これはF5.6でSS1/125、このくらいだとブレもなくピントも意図した通りですね。

SDQH9668lr

SDQH9669lr
あまりに解像するのでついガリガリに撮ってしまった(笑)。

SDQH9688spp

SDQH9691lr
井の頭公園に戻って来ました。魚を捕まえたカイツブリ。

SDQH9689lr
部分を切り出し。

SDQH9691lr
もう一枚、切り出し。魚、すごい暴れてる!

SDQH9708lr

SDQH9712lr

SDQH9714lr

SDQH9720spp

SDQH9732lr
このくらいの花の入れ方でF5.0まで絞ると、複数の雄しべと手前の花びらにピントが合う。こういう感覚を覚えていかないとなあ。

そんなSIGMAのカメラとレンズが大活躍する、飛びこめ!!沼、通販やっています。

COMIC ZIN

恵文社

よろしくです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中