2017-10-06 ベルギー2日目(その2)博物館、brasserieで昼食

 

PA060072
博物館?のようなものがあって少し覗いて行く事に。これはTG-5。

2017-10-06 ベルギー、Citadelle Namur 博物館 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

THETA Vの画像埋め込み、うまくいかないみたいです。なんでだろう……。

PA060075

PA060078
写真で、この要塞の歴史を紹介しているみたいです。

PA060081
床に深い穴が。ガラス張りで上を歩けます。昔はタマゴ( •~•)がこういうの超怖がったのですがすっかり平気に。

PA060086

PA060088
カフェがあったので少し休憩。

PA060099

PA060103
再び散策。sd Quattro Hのバッテリー切れでTG-5をメインにしましたが、やはり少し平板な感じ。

PA060108
トリックアートのように橋。なんで建物を貫通してるんだ?

PA060114
中央の丸い屋根の教会に明日行く予定。ここはsd Quattro Hで撮りたかった。

PA060130
だいぶ降りてきました。

PA060132
TG-5のズーム端の描写。屋根のディテールがなくなってるなあ。

PA060137
タマゴ( •~•)が「ヤッホー!」と叫んでいる。

日本とは、空気感とか空の感じが少し違って、本当に西洋画のようなどっしりとした雲が流れてきて、ああ外国だなあと思ったりしました。

PA060140

GOPR2637
これはGoPro Hero 5。空を白飛びさせない代わりに街が暗い。

PA060148
ここで昼食をとる事に。

PA060150
TG-5で雲を撮る。

GOPR2639
GoPro Hero 5。

PA060159

PA060161
brasserieはフランス語でビアホールのような飲食店の意味らしいです。

PA060166

PA060168

SDQH8725lr
ビールを頼む。シメイという銘柄。あ、ここでsd Quattro Hのバッテリ交換がやっとできて、復活しました。

SDQH8741lr
肉を頼みました。おいしかった。

SDQH8743lr
( ̄Σ ̄)はハンバーガー。タマゴ( •~•)はずっと変顔ばかりしている。

SDQH8759lr
暗い店内でなかなか画質を維持するのが大変ですが、逆に撮るものが絞られていいような気もします。

SDQH8760lr
ここでもカップの持ち手が小さくて持ちづらい!ベルギー固有のものなのか、ヨーロッパ全般にこうなのか。

SDQH8761lr
食後に、TG-5で撮った場所に走って戻ってsd Quattro Hで撮りなおし。何やってんでしょうね。

SDQH8762lr

SDQH8764lr

SDQH8768lr

PA060184
雨が降り出したので、車で近くのスーパーに移動。ちょっとした買い物です。

広告

2017-10-06 ベルギー2日目(その1)。Citadelle of Namur散策

初日はついてすぐ寝てしまったのでホテルの外観も写真に撮れなかったので、改めて。

Untitled
プールつき!まあ寒いし、泳ぎはしませんでしたが(笑)。

Untitled
ホテルの食堂で朝食を食べながら充電し忘れていたApple Watchを充電。

SDQH8610lr
ここから食べたいものを選びます。

Untitled
パンがおいしい。この辺は全部iPhone8Plusで撮影。

Untitled
おしゃれなコーヒーカップだが持ちづらい!熱い!

SDQH8615lr

イベントに参加するためホテルのフロントに。入り口の前にはカタツムリの置物が。ここは The Royal Snail Hotelというホテルなのでした。

SDQH8630lr
ホテル外観。

SDQH8618lr
知らないおじさんをこそっと撮る。

Citadelle Namurを見に行く。citadelleは要塞?要塞跡という感じでしょうか。ホテルから車で10分くらいでした。

SDQH8723lr
こんな感じの道を登って行きました。

PA060064
小高い丘の頂上。これはTG-5で撮影。

SDQH8642lr
頂上に立っていた建物。sd Quattro H + SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art 017

PA060065
同じ建物をTG-5で。

GOPR2446
同じくGoPro HERO5で。

SDQH8641lr
補修中の……これはなんでしょう。

SDQH8680lr
街を見下ろせる展望スペース。

THETA Vの全天球画像はこちら

SDQH8644lr
SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art 017持ってきてよかったなあと思いました。

SDQH8645lr
24-70mmの望遠側。

GOPR2447
これはGoPro Hero 5。GoProはアクションカムの中では空が白飛びしないようにうまく調整している感じがして好感が持てます。

SDQH8652lr

SDQH8670lr
時間帯や季節によっては、ここで飲食ができるようです。

SDQH8686lr
ブラブラと散歩しながら降りて行く。羊がいました。

SDQH8687lr
コンベンションのスタッフの方にベビーカーを用意してもらいました。万が一ぐずってしまった時用にタマゴ( •~•)用も用意したのですが、初っ端から乗る乗る言ってずっとベビーカーで楽をするタマゴ( •~•)。いかんなあ。

SDQH8690lr

SDQH8694lr

SDQH8699lr
多分、要塞だった頃に使われていた倉庫的なものではないかと。

SDQH8700lr
とにかくデコボコしています。

SDQH8704lr
銃器を造っていた工場らしいです。

SDQH8711lr

SDQH8709lr
学校の遠足みたいです。

SDQH8710lr

SDQH8712lr

SDQH8713lr

SDQH8716lr
なんとかこの柵と背景をうまく組み合わせて面白い画面にならないかと試行錯誤してますがうまくいきませんでした。難しいなあ。

SDQH8718lr
とにかくsd Quattro HとSIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art 017の組み合わせはとてもよくて、ベルギーのこの日の空気感を僕自身は思い出せます。自分以外にも伝わるといいのですが。

SDQH8720lr
とにかく風景がきれいでシャッターを押す手が止まりません。……とか言っているうちにsd Quattro Hがバッテリー切れ。FlasfAirを使っているせいか減りが速いです。

Untitled
iPhone8Plusのパノラマ。久しぶりに使った。

長くなってしまったので続きます。

2017-10-05 ベルギーに行って来ました

海外のコンベンションに呼んでいただく事が時々あるのですが、帰国後時間が作れなくてブログを書く事ができないままになってしまう事が多いので、今回はなんとか写真だけでも。ああ、ブログずいぶん書いてないですよねえ。

今回は、ベルギーのナミュールという街で開催されたRETRO MADE IN ASIAというイベントでした。自分の作品がレトロに分類されるようになった事にちょっと衝撃を感じましたが、まあ全部が懐かしのもの、というわけでもなかったので……。

あ、旅行にはsd Quattro HとSIGMA 24-70mm F2.8 Art、TG-5、GoPro HERO5、THETA Vを持って行きました。iPhone8Plusも含めると5台体制です。どうかしています。

SDQH8558lr
そこからかよ!と言われてしまいそうですが、まずは成田空港の写真から。

SDQH8578lr
タマゴ( •~•)は絶対飛行機に興奮するだろうと思ったのですが、僕の方が写真撮ったりはしゃいでいました。

今回は5歳と0歳の子供を連れての初めての海外旅行で、ちょっと緊張しました。飛行機の中でぐずったりしないかと( ̄Σ ̄)が色々準備してくれたので助かりました。

Untitled

Untitled
機内食。昔に比べると随分マシになりました。というか割とおいしい。

Untitled
ブリュッセルの空港に到着。

PA050018
売店。

PA050020
すげーm&m’s自販機。チョコレートの国ベルギーでも売れてるのか。

SDQH8596lr

SDQH8592lr
ホテルに向かう車の窓から。

車中でタマゴ( •~•)が時差ボケと揺れで酔って吐いてしまったりしてホテルに着いた時には家族全員ぐったり。夕飯のレストランはキャンセルしてルームサービスに。
でも、ウズラ(••)が突然「オネーチャンチャン」と叫んでタマゴ( •~•)が大喜び。みんなにっこりに。ありがとうウズラ(••)。

Untitled
ホテルの洗面所。おしゃれなシャンプーリンスと石鹸。

SDQH8600lr
ルームサービスの食事。とても美味しかった。

SDQH8609lr
このかかってる黒い胡椒みたいなやつがおいしい。これはsd Quattro H + SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art 017。色がしっかり乗って、ボケがとても綺麗。

Untitled
ちなみに、ライトを消してしまって同条件ではないけどiPhone8Plusで撮影。二つのレンズで撮った二枚を合成するモード。拡大するとsd Quattro Hとのディテールの描写の差は歴然だけど、ブログに載せるサイズだとそこまでの差はない。スマートフォンの進化はすごいです。

left:sd Quattro H+SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art 017 right:iPhone8Plus(portrait mode)
左がsd Quattro H、右がiPhone8Plusです。

ブリュッセル空港から車でナミュールのホテルについてそのままバタンキューで寝てしまったので、初日はここまで。

2017夏コミ告知

まさかもうコミケとは……。
最近相次いで告知があったとおり、現在フルカラー漫画の新連載と、新作アニメの製作に追われて、夏コミ合わせの新刊は作れませんでしたが、春のコミティア合わせで作った『飛びこめ!!沼02』はコミケ未発表なので、これを増刷して持って行きます。
スペースは3日目(日曜)東 Z23a,b『むてけいファイヤー/ロマンス』です。

当日置かれる本は
『飛びこめ!!沼』の01と02

『惑星ラーン』01(最初に作ったペラ本ではない方)
あとは『今日の北上さん』の在庫分、その他、となります。

『飛びこめ!!沼』03は途中までは描けているので、間に合えばどこかのイベントで発表できると思います。

pixivの画像がうまくブログに埋め込めなくなってしまいました。flickrにでも載せるかなあ……。

では、13日よろしくお願いいたします。

こどものグルメ、連載開始です

2017年7月24日より、コミックエスタスにて、『こどものグルメ』というフルカラー漫画の連載を始めます。
原作は『孤独のグルメ』の久住昌之さんです。僕は作画を担当します。

pixivコミックや、ニコニコ静画から読む事ができます。ぜひフォロー&ブックマークしてください。

Untitled

このお話をいただいた時は正直驚きました。僕自身、漫画の初投稿はガロでしたし、初受賞となったのはアフタヌーンの四季賞の準入選で、選考は『孤独のグルメ』の作画の谷口ジロー先生でした。不思議な縁を感じました。

Untitled

この漫画は、小学生の蓬野 杏という女の子が、帰宅後、両親のいない時に、ちょっとした『こどもグルメ』を作って食べる、という、まあ言ってしまうとそれだけの作品です。でも、そんな他愛のない日常描写の中で、自分の子供の頃を思い出してみたり、あるいは童心に帰って(お子さんは杏と同じ気持ちで)ちょっと自分もやってみたいなと思ったりするような、ちょっとしたこどもグルメを描いていけたらと思います。1話につき、駄菓子を一袋食べたくらいの満足感を者の皆さんに感じていただけるように頑張ります(笑)。よろしくお願いします。

Untitled

ちなみに、第一回のメニューは『ポテサラ丼』です。実際に作ってみました。撮影はsd Quattro H+カミソリマクロことSIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DGで、SFD撮影です(笑)。

SDQH5381sfd

2017-07-07 ダメと言われる事で正しくなる表現について

少年ジャンプの巻頭のエロ表現がいいか悪いかで議論が起きているようです。

似たような問題は昔から繰り返しあり、過去に僕はこんな記事を書きました。
記事の中で、僕は『自分がもしいつか子供の親になったとき〜』と書きましたが、現在僕は二人の娘の父親です。そして基本的な考えは当時と変わっていません。

僕は、表現というのは、それ単体で単純に善悪がはかれるものではないと思っています。
暴力的な表現を見たら暴力的になってしまうとか、子供でも人間はそんなに単純ではないです。

人がある表現からどのような影響を受けるか、何を学ぶかは、人がその表現にどのような形で接するのか、その表現が社会の中でどのような文脈に置かれているのかによって変わるものです。
例えば、歩きながら本を読む二宮金次郎の姿は、ある時代には勤勉の見本、という文脈に置かれ、その振る舞いを見習え、と教えられましたが、現在は歩きスマホを誘発する危険な行為で、やってはいけない事、という文脈に置かれて、銅像が撤去されたりしています。

タマゴ( •~•)こと、うちの長女が幼稚園に通い出して、ほどなく『うんち』とか、まあ色々と下品な言葉を覚えて帰ってきました。漫画はまだ読みませんが、テレビで見た事などもすぐに真似て、クレヨンしんちゃんを最初に見せた時は、やはり大喜びでお尻を出したがったりしました(すぐドラえもんに興味が移ってくれてよかった)。幼稚園にタマゴ( •~•)を迎えに行くと「うんちうんちおしっこパパ!」などと叫びます。それが他の子に伝播して、今では他の園児からも「あ、うんちくんだ!」などと呼ばれます。困ったものです。

などど書くと『やっぱり子供は表現からすぐ影響を受けるじゃないか!』と考えてしまう人もいると思うのですが、子供はちゃんと『うんち』という言葉に対して周囲の大人がどういう態度をとるかを観察して、うんちという言葉と、その言葉がどのような文脈に置かれているかをセットで学習しているのです。
うちの娘が『うんちうんちおしっこパパ!』と叫ぶのは『構って欲しいのにパパが構ってくれない、困らせてやれ!』などと思っている時で、周りの園児が僕に『うんちくん』と言ってくるのは、僕がすぐ怒るタイプのおじさんか、いじっていいタイプかを見極めようとしているからです。ちゃんと『うんちは下品な言葉で大人は使っちゃいけないって言ってる』という事は分かっていて、分かった上で上手に使いこなしているのです。
ちなみに、僕はうんちくん呼ばわりに対して「ダメだよ〜」くらいの弱腰な受け答えをしたら完全にナメられてしまいました。もっと毅然とした態度で立ち向かうべきだったか……。

でも、もし下品な言葉を完全に禁止して無菌室のようにしてしまったら、子供は『うんちは下品で大人が使っちゃいけないって言ってる言葉』という事自体を学ぶ機会を失いますよね。

なので、ジャンプに子供に見せていいか迷うような表現があった時『こんな表現ケシカラン!』と怒る事自体は、僕はいい事だと思います。僕の子供達がジャンプを読む年齢になって、お色気表現とか、ちょっと女性を軽んじているように見える表現とか、過激な暴力表現とかがあったら、僕もその過激さに合わせて適度に『ケシカラン!』と言うつもりでいます。そうする事で、子供はそれらの表現が自分が暮らす社会の中でどのような文脈に置かれているものなのかを学べるでしょう。そして僕は表面上は怒って見せながら、そういう表現が存在できる社会に感謝します。

良いものを良い、と教えるのと同じくらい悪いものを悪い、と教える事は大事です。悪いものは現実には無いに越した事はないので、実在しない架空の表現によって、悪いものを悪い、と教えられるのはとてもありがたい事です。

長々と書いてしまいましたが、今回の少年ジャンプのお色気表現に批判的な方々に言いたいのは、そう言った批判の空気とセットになって初めてこういう表現が子供にとって有益な学びの機会になるので、批判はいい事だけど、規制しろと言いだしたらそれは間違いですよ、という事です。
逆に、容認派の人たちに言いたいのは、批判の声があって初めてあるべき文脈に置かれて許される表現なので、批判の声に感謝するべきで、表現の自由を盾に批判の声を封じてしまったら、それもまた間違いですよ、という事です。

仲よくけんかしましょう。

こういう『間違ってると言われるならば正しい。だが正しいと思った瞬間間違いになってしまう』という概念にわかりやすい名前をつけて、表現の自由を盾に押し切るのではなく、この概念を拠り所にして、こういう表現が怒られながら存在できる社会を維持してゆけるといいのですが。

2017-07-09追記 『規制すべきでない』の規制は、『表現ができなくなるような規制はするべきではない』と言う意味です。

 

2017-06-05 人に見せるまでが写真なのではないか

Untitled

幼稚園で、各家庭ごとに自分のアルバムをつくる、という行事があって(行事というか、まあそういうものらしいです)、データではなくちゃんとプリントされた写真が必要になり、奥さん( ̄Σ ̄)が、いちいちプリントに出すのではなくその場でプリントできないか、というので富士フイルムのinstax SQARE SQ10(いわゆるチェキの新しいやつ)を買いました。ついでに僕の撮りためた写真もプリントしてみようと思い、キヤノンのSELPHY CP1200という、フォトプリンタも買いました。

Untitled

Untitled

SQ10は、チェキとデジカメのハイブリッドのようなカメラで、普通のデジカメのように写真をMicroSDカードに保存して、気に入った写真だけをプリントする事ができます。
試しに子供たちを撮ってみましたが、データではなく物として写真が存在する、というのはいいものだな、と思いました。SQ10の、背面液晶に表示された写真が上にスクロールして、それに合わせて印画紙がせり上がってくる演出もとてもいいです。カタログスペック的には意味を持たない演出ですが、これがあるのとないのとではプリントする楽しさが全然違ってくると思います。

Untitled

CP1200は、昇華型熱転写方式のフォトプリンタで、Wi-Fi経由でiPhoneやパソコンから手軽に写真をプリントできます。プリンタに関しては、5年くらい前にキヤノンやエプソンの複合機を買って、Wi-Fi経由のプリントがなかなかうまくいかなかったり、インクがすぐに詰まって、ヘッドの清掃のたびにインクを消費して、まるでプリンタが、なんとかインクを無駄遣いして高価なカートリッジを買わせようとしているみたいに思えてもうプリンタは家に置きたくない!と思っていたので、自分としては思い切った買い物でした。
CP1200に関しては、インクジェットのようにヘッドが詰まる心配はないし、iPhoneからのプリントも専用アプリで簡単にできました。オーバーコート処理があるので、ある程度の耐水性があり、色あせもしにくいです。
ランニングコストは、ハガキサイズ108枚+インクカートリッジで3000円くらい、1枚30円くらいです。

iPhoneのライブラリから何枚か選んでプリントしてみたところ、若干赤みが弱く彩度が低めに出る傾向がありますが、なかなかいい感じでした。

そして、プリントしてみてわかった事がふたつあります。

ひとつは、僕は自分が撮った写真を家族に全然見せていなかったという事です。iPhoneで撮った子供の写真なんかは、奥さんとLINEで送り合ったりしていますが、ちゃんとしたカメラで撮った写真は、ほとんど見せていませんでした。
僕は撮った写真はひとまとめにflickrにアップするのですが、家族の写っている写真は非公開にしているので、僕以外が見るにはちょっとした手間がかかって、非公開の写真は基本的には僕以外誰も見ていないという状態でした(以前はブログにアップしたりしていたのですが、子供ができてからはなかなかブログを書く事もできず、この記事も書くのに2週間くらいかかってしまいました)。

SDQH3918lr

もうひとつは、プリントしようと写真を選んでいて、プリントしたいと思えるような写真が全く見つからなかった事です。
僕はもともと、記録マニアで、カメラに興味を持ったのも、日常を記録するためでした。なので、構図を組み立てたりせず、自分の視点でできるだけ平易な状況説明になるような写真を撮り続けていて、未だにその癖が抜けません。見返すと、僕の個人的な記録というか、その日のことを思い出すトリガーにはなっているのですが、僕以外の人間には全く面白くないものばかりです。その事に、写真をプリントしようとした時に改めて気付かされました。何というか、写真の楽しみのうちの、カメラをいじってシャッターを押すところまでしか興味を持たず、残りの半分を捨てていた気がします。

SDQH4137lr

この事がきっかけで、写真を撮るときに、少しだけ人に見せることを意識するようになりました。まあ、それですぐ何かが変わるわけではなくて、気になったものを画面の真ん中に置いてピッと撮ってしまったりするのですが。でも、バックアップストレージと化していたflickrやInstagramをもう一度ちゃんと使ってみようかなと思ったりしています。

DSC02510lr

そんなわけで、写真をプリントするとか、アルバムを作ってみるとかすると、自分の写真について色々と発見があってとても良かったというお話でした。

ちなみに僕のflickrはここ

Instagramはここです。

2017-01-28 タマゴ( •~•)とポムの樹で昼ごはん #sdQH #sdquattroH #sigma

 ウズラ(••)が生まれてタマゴ( •~•)の幼稚園が始まってしまうと、日中は仕事と(••)の世話で過ぎてしまい、夕方延長保育が終わって( •~•)を迎えに行った後はもう散歩という時間ではなくなっていて、なかなかカメラを持って散歩に行く時間がありません。土曜にどうしても少し歩きたくなってしまって、忙しかったのですが少しだけ散歩に出ました。久しぶりだったので気張ってパワーグリップで鈍器感を増したsd Quattro HにSIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMをつけてしまいました。さらにSIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM | Contemporary 013もリュックに詰め込んで、さらにさらに三脚まで持ち出して完全武装です。正直、三脚は買っては見たものの使い所がわからなくて、家から持ち出すの二度目です。

Untitled
 でかい。

 で、出かけたところ、井の頭公園入口前のポムの樹の前を通ろうとしたら、タマゴ( •~•)がオムライスが食べたいと言いだし(と書くとすごい共食い感ですが)、予定外だけどお昼を食べることに。

SDQH9122lr

 レンズをSIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM | Contemporary 013に(長いな……)付け替えて撮影。四隅が少しケラれていますね。この時はクロップをオフにするとケラれるかも、という事をあまり意識していなくて、フードをつけっぱなしにしていました。多分フードを外せばこのくらいズームしていればケラれはなかったのではないかと思います。
 ( •~•)は赤ちゃんの頃は弱い卵アレルギーだったのですが、最近は普通に食べられるようになりました。

SDQH9129lr

SDQH9132lr

 ポムの樹は結構ボリュームがあるのですが、サイズが選べて、一番小さいサイズだと僕にはちょうどいいくらいでした。

SDQH9137lr
 これは再びSIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM。とてもいい写り。SVGラインではないですが、AFも特に問題なく動きます。そろそろ後継機の発表があるのではないかと密かに思っています(みんな思ってるか)。

SDQH9138lr

 公園に入って、さあカメラ散歩だ、と思ったところで( •~•)が眠いと言い出す。「ベンチでちょっと座る?」と聞いたら「いすがかたくていやだからパパのひざにのる」との事。ベンチに座って( •~•)を膝に乗せて呆然。動けん……。
 仕方がないのでその場で何か撮れないか探す。要するに写真が撮りたいと言うよりカメラがいじりたいのです。
SDQH9139lr
 とりあえず目の前の階段を。

SDQH9140lr
 なんとなく木を撮る。

SDQH9142lr
 もひとつ木を撮る。なんで撮るかと聞かれたらそこにあったからと答えるしかない。身動きとれねーし。

SDQH9143lr
 そんな中でちょっとお気に入りの一枚。なんかこう、一瞬を切り取った感がある。でもこのおじいさんが誰かは知らない。

SDQH9152lr
 やっと( •~•)が歩くと言ってくれたので散歩。

SDQH9156lr
 エチゼンスイセン。

SDQH9165lr
 ちょっと歩いたら( •~•)がもう帰ると言いだした。うーん。

SDQH9166lr
 重いカメラとレンズと三脚抱えてエチゼンスイセン一枚撮っただけでこのまま帰るのはあんまりなので、通りがかりの店先を。

SDQH9167lr

SDQH9168lr
SDQH9169lr
 こりゃなんだ?

SDQH9171lr
 なんというかそんな一日でした。

 そんなsd Quattro Hの出てくるカメラ同人誌『飛びこめ!!沼 01』ですが
COMIC ZIN 恵文社バンビオ店 で店頭販売及び通販をしています。
 過去の本もいろいろ置いていますのでぜひ。よろしくです。

2017-01-22 井の頭公園でカワウを撮る

……同じタイトルのエンリがあったような気もしますが、井の頭公園でカワウを撮りました。杭の上などにすっくと立って羽根を大きく広げている姿を見て、カワウが大好きになりました。あれは何をしてるんですかね。羽根を日光に当てて殺菌しているのか、風を当てて乾かしているのか。公園に来た人へのサービスなのか。

SDQH8988lr

SDQH8993lr
 ISO400で少しノイジーですが、sd Quattro Hいい写りですよね。レンズはSIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary 014です。DCレンズなのでsd Quattro Hではクロップをオンにしなければならないのですが、あえてオフにしています。周辺が甘くなったり、周辺減光があるのかと思いましたが、望遠側はフードをつけなければあまり気になりませんね。広角側は四隅に黒い枠が出てしまいます。

SDQH8977lr

SDQH8999spp
 これはISO1600。ビニング機能で縮小されていますがブログに載せるならこれもありかも。

SDQH9005lr
 これはレンズの手ぶれ補正を信じてSSを50まで落として無理やりISO100にしたもの。やはり少しブレますね。ここはやはりISO400くらいでギリギリのシャッタースピードを狙うべきでした。難しいですね。

 ついでに、その他公園周辺の写真。

SDQH8952lr
 これはSIGMA 24-35mm F2 DG HSM | Art 015。

SDQH8964lr
 ハト軍団。

SDQH8966lr
 カラス。これはハシボソガラス……かな。

SDQH8973lr
 これがSIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary 014の18mm。APS-Hのsd Quattro Hだと35mm換算で24mmになります。四隅が少しケラれます。

SDQH8976lr
 梅が咲き始めている?

SDQH8978lr
 橋の欄干の赤が飛んでますね。逆に真っ白に飛ぶところが結構粘っているのかもしれませんが。

SDQH8981lr
 このくらいのケラれは味のうち……いや、ちょっときついか。面白いけどちょっとトイカメラっぽくなりますね。

SDQH8987lr
 いつも撮ってしまう宇宙機雷ことヤツデの花。

SDQH9013lr
 タマゴ( •~•)とボートに乗る事に。

SDQH9014lr
 ボートから鴨を。

SDQH9027lr
 このタイプのスワンボートに乗りました。

SDQH9040lr

SDQH9048lr
 ゴイサギ?

SDQH9053lr
 サビはFOVEONの大好物です。

SDQH9097spp
 おしまい。

 そんなsd Quattro Hの出てくるカメラ同人誌『飛びこめ!!沼 01』ですが
COMIC ZIN 恵文社バンビオ店 で店頭販売及び通販をしています。
 過去の本もいろいろ置いていますのでぜひ。よろしくです。

2017-01-03 明けましておめでとうございます

……と1月1日に書こうと思い、でも全く時間が作れず、3日になんとかタイトルを打ったものの本文を書く間もなく、気づけば8日です。正月完全に終わってる。今年も先が思いやられる感じですがよろしくおねがいいたします。

昨年の(もう昨年なのか……)冬コミ新刊『飛びこめ!!沼 01』が思いのほか好評で、Twitterなどで感想をたくさん頂けて嬉しいです。
COMIC ZIN 恵文社バンビオ店 で店頭販売及び通販をしています(恵文社は近日開始予定)。
過去の本もいろいろ置いていますのでぜひ。よろしくです。

年末にsd Quattro Hを買って以来、子供を連れて井の頭公園などに行ってはちまちまと写真を撮っています。冬は日が落ちるのが早くて、今まで使っていたSD1やdp Quattro、sd Quattroだと午後4時くらいからISO100を維持するのが困難になっていたのですが、sd Quattro Hはセンサーが大きいぶん入ってくる光が多いからなのか、何か改良されているのか、体感的に『このくらいの暗さだとちょっとノイジーになるかな』と思って撮った写真が意外といい感じに写っていたりします。気のせいかもしれませんが……。
井の頭公園の写真は後日載せるとして、とりあえず今更ですがおせちの写真などを。

SDIM8446spp

SDIM8449spp

レンズはSIGMA 24-35mm F2 DG HSM | Art 015です。これは本当に素晴らしいレンズです。今まで一番気に入っていた35mm F1.4 Artの出番が減りました。手放して20mm F1.4か50mm F1.4 Art、もしくは85mm F1.4 Artが欲しいです。あるいはもうすぐ発表との噂のある24-70mm F2.8 Artとか……。