2018-01-31 スーパーブルーブラッドムーン

なんか一時期のストIIくらい色々ついてますが、いつもより月が大きく見える日に皆既月食が重なる珍しい日だそうです。sd Quattro Hとα6500で撮ってみました。
撮ってる時はノリノリなのですが、撮り終わった月を見ると、比較対象がないと月が大きいかどうかもわからなくて、ちょっと代わり映えがしない感じですね。

まずsd Quattro H + SIGMA 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMで。

SDQH2804lr
これはSPP(SIGMA Photo Pro)のホワイトバランスをオート(色残し)で現像してtiffで出力後、Lightroomで再現像したもの。

SDQH2806lr
これはホワイトバランス、オートで現像。

SDQH2811lr
解像感はありますが、暗部に少し色ノイズが乗るんですよね。

sd Quattro HにはSFDと言う7枚連写、合成してノイズのない高解像度の写真をつくりだす機能があるのですが、対象物が微動だにしない事が前提です。月は望遠で見ると結構な速度で動いていて、SFDでは撮る事ができません。

SDQH2818lr
皆既月食が始まりました。

SDQH2823sfdlr
これはSFD撮影して合成したもの。やはりズレてます。でも、SPPに手動で(自動ならなおいいですが)画像の位置を調整してズレを直す機能があれば、合成できるのになあと思います。SIGMAさんぜひ。

SDQH2823_alllr
これはSFDの7枚を個別にX3Fで書き出してtiffに変換してPhotoshopで位置を調整して合成したもの。単純に比較(暗)と比較(明)で合成しているので逆に緩くなってしまいました。

SDQH2830lr_crop
これは普通に撮ってカリカリ目に現像したもの。SFDならこの解像感以上で、ザラザラのノイズのないすごい画になるはず。

SDQH2835lr
月食が進行してます。

SDQH2843lr
完全に月をネタに機材の話をしてるだけですが、SIGMA 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMにx2.0のテレコンをつけて1000mmで撮影。F13と暗くなるのでシャッタースピードが稼げず、少しブレてます。

SDQH2854lr
現像で暗部を持ち上げて影の部分を見えるようにしたもの。この辺も、SFDかHDR撮影でもっとうまく撮れそうなのですが。

SDQH2856lr
ISOを800まで上げて、SSを1/5まで落として目一杯影の部分が見えるように撮影。赤みが出始めています。

SDQH2868lr
暗くなりすぎるのでテレコンを外して。でもこれがsd Quattro Hだと限界のよう。

α6500 + SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 017 にバトンタッチして、赤い月を。

DSC00481lr
α6500だとこんな感じ。ISO6400です。

DSC00486lr
さらに月食が進行した状態。撮影条件が揃っていないので良くわからないですね。すみません。ISO12800です。かなりノイジーだしディテールもないですね。どう撮ればよかったのかなあ……。

DSC00486lr
ISO51200まで上げた状態。

……とまあ、こんな感じでした。安い三脚と中国製で三脚とネジの径があっていない雲台で悪戦苦闘でした。泥縄ですが、中古のマンフロットのギア雲台を手に入れたので、次回はもうちょっと……あ、次回は35年後だっけ(汗)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中